飛行機からの眺めは絶景

時期的に天候が不順な場合には観光やツアーも控えられるため、国内の航空券代が格安になる時期があります。
そのような雨等の日が多い中でも、飛行機に搭乗して、雨雲を下から上に通り越した時には、雲の上は別世界のように感じます。雷が所々で発生している状況が光とともにわかったりします。
逆に上から下に通過した場合には、その土地の風景を楽しむことができます。
地域によっては緑が非常に多く、また広い平野と山々を望むことができます。または湖や独特な海岸線等、地図で見るような景色を楽しむことができます。まるで地図の上を飛んでいるイメージです。
また季節によっては、雲を上から下にすり抜けた途端、一面雪景色である場合もあり、日本が南北に長い地形である証拠です。
国内の格安の飛行機に搭乗することで、1日のうちに暑い海のきれいな場所から、寒い雪景色の場所までの移動も可能で、そのような景色を上からみることで、自分がどこの土地に来たのかを想像できたりします。